観光コース

行って・見て・触れて、自慢して♡宇久のちょっとイイとこ7選♪

  • LINEで送る
平-家盛公上陸地

宇久島は、佐世保から航路距離66km、平戸島から西25kmの距離にある島です。島のあちこちには、美しい自然や古代から今に続くメッセージにあふれています。ぜひ四季折々の風景を見て、様々な史跡を辿って、自然と歴史ロマンあふれる宇久島を堪能してください。

スゲ浜海水浴場

スゲ浜海水浴場

港から最も近く(徒歩約25分、自転車約8分)にある海水浴場です。カナリーヤシが並ぶ海岸線と白い砂が南国リゾート気分を盛り上げます。
付近にはハマユウの群落地、草原が広がり、レストラン、シャワー、トイレ等の施設も充実していますので、ご家族でも気軽に楽しめるビーチです。

住所:佐世保市宇久町平3687-3
電話番号:0959-57-3113(宇久行政センター産業建設課)
駐車場:50台
備考:身障者トイレ有

大浜海水浴場

大浜海水浴場

宇久島を代表する景勝地です。極めて透明度の高い遠浅の海水浴場で、干潮時には広大な砂浜が広がります。周囲の草原と白い砂、青い海と空が創り出す景色はまさに楽園です。
また、休憩施設、キャンプ場も整備されていますので、存分に楽園を満喫できることでしょう。

住所:佐世保市宇久町平4905
電話番号:0959-57-3935 宇久町観光協会
備考:シャワー利用料100円

対馬瀬灯台

対馬瀬灯台

島の北端、天然芝の大草原に建つ高さ12メートルのメルヘンチックな白い灯台です。周辺の草原は放牧地として利用され、五島牛がのんびりと草を食むのどかな風景が見られます。また、岩場は磯釣りの絶好ポイントとして内外の釣り人で賑わっています。

住所:佐世保市宇久町野方郷
電話番号:0959-57-3935 宇久町観光協会

平 家盛公上陸地(船隠し)

平-家盛公上陸地

五島藩の始祖とされる、平家盛公の上陸地と伝えられている島の西端に位置する場所です。上陸の際、船を隠したとされる入り江を「船隠し」上陸後に火を焚いて暖を取った岬は「火焚崎」と名付けられています。800年の歴史ロマン薫る夕日の絶景ポイントです。

住所:佐世保市宇久町本飯良
電話番号:0959-57-3935 (宇久町観光協会)

アコウの巨樹

アコウの巨樹

島の南、小浜地区に自生するアコウの巨樹は市の天然記念物に指定されています。
幹回りは最大で16メートルに達し、近くで鑑賞すると、その大きさに圧倒されます。
巨樹は日光をさえぎり、昼間でもうす暗く、まるで精霊でも宿っているかのような雰囲気を醸し出しています。

浜方ふれあい館

浜方ふれあい館

宇久島は海士たちの素潜りによるアワビ漁及び捕鯨文化と共に栄えてきました。
浜方ふれあい館は海士の歴史、捕鯨文化等を見て、聞いて、感じることができる、体験型観光施設です。漁の道具や写真、資料等の展示の他、特産品や手作りのお土産も販売しています。

住所:佐世保市宇久町平3281-79
営業時間:9:00~17:00
電話番号:0959-57-3935 宇久町観光協会
入館料:大人200円・子供100円(中学生以下)
備考:開館日/毎週土・日曜日・祝祭日(事前予約にて平日も対応可能)

ヒゴタイの群生地

ヒゴタイの群生地

宇久島の一部では絶滅危惧種の希少植物「ヒゴタイ」が見られます。ヒゴタイは九州と大陸がつながっていた太古の時代の植物とされ、島でも保存活動に取り組んでいます。
てまり型の愛らしい花が特徴のヒゴタイが夏の日差しの中で揺れる様子は、涼しさと癒しを与えてくれます。

  • LINEで送る